慢性喉頭炎の原因について

急性喉頭炎の反復、あるいは上気道や下気道からの炎症の波及、とくに副鼻腔炎「ふくびくうえん」の後鼻漏「こうびろう」蓄膿症「(ちくのうしょう」のうみが鼻からのどに垂れてくることが原因になります。塵埃「じんあい」や刺激ガスに慢性的にさらされる職業や、のどを酷使する職業も原因になります。また、喫煙習慣による慢性喉頭炎も多くみられます。
慢性喉頭炎の症状について
慢性喉頭炎に掛かったら、声がれ「嗄声」、声が出しにくい、のどの異物感、咳などの症状が現れます。慢性喉頭炎の一般的な症状には、しわがれ声、声が出ない、喉のヒリヒリ感や炎症、乾いた咳などがあります。また、発熱や頸のリンパ腺の腫れ、飲み込み困難などがみられることがあります。急性喉頭炎は、一般に2週間以内に治癒します。2週間以上症状が続く場合は、早めに医師による診察を受けるべきです。
慢性喉頭炎の診察と診断について
間接喉頭鏡検査や喉頭ファイバースコープ検査で喉頭を観察し、喉頭粘膜の発赤、浮腫などを確認することにより容易に診断できます。しかし、慢性喉頭炎と似た症状を示すものに喉頭がん、喉頭結核、声帯ポリープなどがあり、これらの疾患と区別することも重要です。特にヘビースモーカーの人は喉頭がんとの区別が必要です。
慢性喉頭炎の治療について
まず、原因の除去が大切です。上気道炎や下気道炎が原因であればその治療、喫煙が原因であれば禁煙、塵埃、のどの酷使などが原因であればそれらへの対策や生活環境の改善が必要です。薬物治療は症状が強い場合や急性の増悪が認められた時に行いますが、消炎薬、鎮咳薬、抗生剤の経口投与や抗生剤、ステロイドホルモンなどのネブライザー吸入が行われます。
医師は、空気の湿度を高めることで喉のヒリヒリ感をを和らげるために、家の中で加湿器の利用を勧めることがあります。水分不足にならないよう水分を十分に摂りましょう。ただし、カフェインやアルコールは炎症を促すことがあります。トローチ剤を利用することは喉を潤す上で役立ちますが、メントール入りの咳止めドロップなど、喉を刺激する成分には注意しましょう。
慢性喉頭炎の予防について
一般的な健康習慣が、慢性喉頭炎の予防に役立ちます。こまめに手を洗い、インフルエンザや風邪を引いている人との接触を避けることで、ウイルス感染のリスクを制限することができます。職業上、喉を過度に使用する人は、こまめに休息をとり、炎症につながる危険性を低減させましょう。きつい化学薬品に常にさらされるような場所での仕事を避けるようにしましょう。喫煙する人は、禁煙することで喉頭炎に対するリスクがただちに大きく減少します。

■男性に対して「夢の薬」はこちらで購入でき!
バイアクラ人気ED治療薬の激安販売

↓男性の問題を解消できました、今女性の問題も一緒に解消しましょう。
ラブグラ

オススメ情報サイト

シアリスならば、副作用のリスクも少なく勃起不全を解消させる事が出来ます。 精力剤のような体質そのものを改善させる薬ではありませんが、一時的に血行を良くさせることで、効果的に勃起を促します。 シアリスはED(勃起障害)治療薬の中でも、食事の影響 まずは皆さんがよくご存知の「インポテンス」についてですが、日本性機能学会によると「性交時に有効な勃起が得られないために満足な性交ができない状態」と定義され、通常性交のチャンスの75%以上で性交が行えない状態.