『連合縮ん軍』慢性喉頭炎が現実?三国チーム開発ナノ投薬籠

老舗SF映画『連合軍を縮小」には、スタッフに縮小して病気を治す人体内の精密機械、これはずっと人間の夢が実現しても、ずっと、実際その縮小の技術開発ナノメートルしかないロボットの代わりに、しかしナノロボットの電源は、通信と制御克服するの難題.

アメリカデューク大学、デンマークオーフス大学や、イタリアローマ大学の共同研究チームは、思いついたナノ投薬籠のアイデア、DNA分子の特性を利用し、DNAの温度が低い時、分子構造が緊密で、温度の高い分子構造の延長のため、研究究チームとして、もしDNAで一つのナノかご、高温の環境の中で,慢性喉頭炎、かごを開けて、薬物分子篭の中に入って、低温,かごを閉めて、薬物分子は出ず、また体内に注入し、指定の位置、加温開いケージ、これでは免れた式遠隔ナノロボットの面倒で、しかしはのような効果を達成することができます シリアス 値段.

研究チームはち

で来たい本のDNAナノかごを構成し、わさび過酸化酵素(horseradish peroxidase、HRP)実験をHRP酵素の原因は効果を発見やすい、実験結果今回使ったナノかご、ピッチじゅうごまでにじゅうナノメートル幅、ちょうどいいHRP酵素を持ってかごの中をしないで、意外に釈放して、良い効果があっ.

しかし、すべての酵素、薬物の分子の大きさはすべて異なって、どのようにするべきですか?研究チームは、DNAナノかごの良さを設計は,DNAのようなレゴ積み木のように自由に組み合わせ設計について、大きさの違いの目標さえあれば、再設計にふさわしいナノかごでき、また利用構造に水素結合の多寡、施設は多く高い温度でかご会開く.

我々は、すべての薬物

だけで目標に作用しないよう、副作用が発生する必要はないのかもしれないが、遠くない未来に、DNAナノ籠を手伝うことができて私たちはこの目標を達成する、さらに例えば携帯促進に脂肪の細胞を分解脂肪の薬は、指定された場所の作用に達し、本当のボディの効果ないとも限らない.