ろく方法美容医療品質慢性喉頭炎を向上さ乱象医

は美容医学技術と機器が急速に発展し、美容治療後に医療紛争も増えているという.細かく追究するがこれらの紛争の原因にほかならない誇大不実の広告及び不当なセールスを受け、民衆の美容する治療前に過度の期待を引き起こし、落差、続いて発生のトラブル.まだもっと価値を突き止めるの原因は、現在実行美容医療の院や医師、高品質の美容医療を提供することができるかどうか.

美容医療は技術の確保が安全なんでしょうか?

pは表面にして、レーザー光のレーザー、注射ボトックス、ヒアルロン酸などの国人が常に受けて治療、単純な技術だけでは.しかし、民衆が知らないのは、効果と安全な皮膚治療は、正確な評価及び診断の基礎を確立しているということです.皮膚科クリニック、はあって患者は多分レーザーあざが、事実上の病巢は皮膚がんのケースもあり、フラクセル3デュアルの患者とされて普通の日焼け止めを繰り返しを不適切なレーザー治療後,皮膚が反黒と色素の不均衡の事例.これらの生きた事例、皮膚科専門医は民衆の医療環境の安全性によって.

美容医学の治療の質は少量で少量の時の数で管理

を管理することはできませんp>卫福部希望<メンテナンス国人美容治療安全な着想が良好で、しかし現在計画推進の特定医療技術検査検査医療器や使用管理弁法を施行して管理するかどうかは根本的解決の道は、本当に慎重に検討を練る.特に管理法においては,慢性喉頭炎、単位認定及び表面限医療資格を持つ方式で、国民健康を保障することはできない.衛生福祉部は専門医師訓練計画を制定し、入院医師の訓練期間中、当該専科に完備な訓練、専門医療に従事することができる.保健福祉部に査定を皮膚の専門訓練コース基準を例にして、皮膚の専門医と必要を3年半、近くに万時間の医療訓練を含め,皮膚疾患、皮膚生理病理、皮膚外科手術、レーザー光治療とアンプル注射、さらに皮膚科医学会の専門試験を得ることができる卫福部の査定の皮膚専門の医師の資格、実際の治療患者に従事して、専門の美容医学の治療は、国の安全保障.これに反して特管法締結いずれかの専門医を受け、限りはち時間のレーザー光電コースやはち時間の注射液注射課程を獲得し、単位を執行できる関係美容治療.考えてみて、一人の医師そもそも皮膚疾患、皮膚の構造の生理まったく未の教育を受けた訓練を経て、日曜日の授業の単位を修得を経ていないで、いかなる評定するになる美容医学の専門家は、中国人には多分美容治療、こんな医療品質を期待できますか?民衆の治療は安全で有効に守ることができますか 性欲 興奮 薬?ある医療争議、日増しに増えてきた医療争議が増えている.

6方法では、台灣の美容医療環境に安全

を実施する

台灣皮膚科医学全力サポート卫福部整頓所」