キュウリを食慢性喉頭炎べる時は胡瓜を捨てないでください

夏、きゅうりは家庭の食卓の上の常連”が、キュウリを食べないで、きっとキュウリをお舎て、いいものを捨てる.それは、キュウリの柄を含むが苦味素、苦み成分を瓢箪素C,慢性喉頭炎、せっかくの解毒美容食品.この物質は明らかに抗腫瘍作用を持っていることを証明する.きゅうりの柄のほかに、キュウリと何か栄養がありますか.「本草綱目に記載され、キュウリは解熱、渇きを癒す、水、腫れの効果を.キュウリの肉質は澄んで柔らかくて、汁が味の甘、生食唾液の分泌を促進して渇きをいやす、かつ特殊芳香.分析によると、キュウリ含水分は98%、糖質、たんぱく質、ビタミンB 2、ビタミンC、ビタミンE、カロチン、尼克酸、カルシウム、燐、鉄などの栄養の成分.キュウリは一種の
ダイエット食品、現代薬理学研究では、新鮮なキュウリ内に含まれるプロ酸を抑える物質が脂肪に転化糖類.キュウリに含まれるセルロース、腸がうごめくことを促進する、加速排泄やコレステロール低減に一定の役割.キュウリのカロリーが低く、高血圧、高脂血や合併肥満症の糖尿病は、一種の理想の食療の良菜.キュウリを食べて利尿、血液中に尿酸のような潜在的有害物質を除去することができます.キュウリ味甘性涼し、解熱利水、解毒の効果を持ちます.胸熱、利尿など独特の効果があり、除湿、滑り腸、鎮痛も明らかに効果があります.またキュウリは治療火傷、痱瘡など.また、キュウリ藤は良好な降圧とコレステロールの作用があります.キュウリは味が美容の野菜と呼ばれ、台所の中の美容剤」とは、よく食べてあるいは素肌にあてて効果的に皮膚の老化に抗し、しわの発生を防止唇炎、口角炎.キュウリの頭を捨てないと、キュウリを食べる時に何か注意しなければならないでしょうか.きゅうり偏寒、好みのびくびくして冷たく、長患い体虚者は少なく食べなければならなくて.肝臓病、心臓病、胃腸病、高血圧の人、キュウリを食べないでください.また、注意、自分が植えたキュウリ,農薬を打っていないで、洗って食べることができる;無公害のキュウリ,
性欲 興奮 薬,検査、必要に時の鐘が食べることができます;農産物市場で買ってきたキュウリ、まず浸して皮をむいて食べる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です