不思慢性喉頭炎議な朝

今日の朝、延安の天気は急に寒くなり寒くなり、延安の天気になった.空は瀋む鉛色の運動はもともといいのに、この少し持ちに感傷的になった朝、憂いと悲しみを開いて傷に続いて、順番に咲く.一部の濡れたのは霧のようにうごめく、少し卑谦焦燥の気持ちが冷め、肌に吹く冷たいのは寒くて、言った文芸はたぶん像初冬に薄氷が張った湖で、物理の中の定義は絶対零度に慣れて、朝起きて下ろして、から普通のポニーテールもある変な朝変な考えとく違う髪、そして気持ちの美しい……

今日は変な朝じゃないみたい.

空気は重厚な靑い時に、冷たい風に向かって出かけ、そして靑いやせて弱々しい貧弱成苍白い時、寮に帰ったら.クラスメートと通完電話、母から延安寒く差し衣の言った後で,あれこれと無力、心の底は広々として、思いがけず蜂熱愛頬にキスをされて、そこで私は朝ちょっと冷たい蛍光燈の下に鏡に対してにたり独を、異郷で夜に泣くしかない,慢性喉頭炎、それをかばんに向かう8時開講の教室……これはは狗血は無力反論の朝、分からない.

pは気持ちが少しだけではありますが……気づく……

p>はすでに深く<あれらの心よりの共有と快楽、私の靑春のしっぽで始めるようがぼやけてしまうか、成長から私たちになるのが利己的で、なくなる自分が好きなので、あきらめやすくやすい、疑って、疑い、嫌いになりやすい……ある日突然裸の現実が見えて、ついて自分のある細かい部分まで直視して、私達は少し悲しくなることができますか?生命はいわゆる成長の印として,少し粉砕して、そしてこれらの破片は生命の大河の中でつなぎ合わせすることができて、光の断片をよけます……多くの年後に、他人から見れば、成長と思うかもしれないが、私は自分自身を考えています.年後の自分、今日みたいな成長という成長に深く心を痛め、恥ずかしいと思っていますか?

p>命<,
媚薬通販;ば開最後に丸い潔つるつるして、自分だけが知っているそれはひびの磁器、に割れ……そして最後という言葉は、どれだけの変わり果てを受け入れても、情理にしていない結末をカバーしていた……

p

はいいでしょう……このまま……スヌーピーの微笑みとスポンジの赤ちゃんの目を考えて、良いです.私たちは成長して、避けられないので、私達はやはり前に、初晨の日光は前に、またわざわざ出ない化け物に驚くな、ひょっとして遠くは詩と美しい……だから、ダーリン、頑張ってね.