何歳でも始まる「輝く人生の慢性喉頭炎10の習慣」

安全”私の生命は1部の神からのすばらしい贈り物、私はこの生命を有効に使い、平凡で真剣な生活.–ジャネット・柏丝”
バイアグラの口コミ
ただ心の温かい人こそ、毎日掛けて笑って、笑って幸せをもたらすまで高齢97歳で亡くなったシスタージェニー·柏丝に分かち合って読者プレゼントも、彼女は長生きの秘訣は簡単な微笑召喚幸せ人生!

日本で修会の桜の聖母学校音楽を担当教師のシスタージェニー·柏丝を経て、二次大戦が、命の困窮しない彼女を倒して、かえって活の健康で明るく、また喜びを、『微笑に幸せをもたらす』の本の中で、彼女は寛大で、最も誠実な心の中の秘訣を教えて、整理して輝く人生のよんじゅう習慣.まず、万事は1つのほほえみから始めて、良い事は続けざまして、本当に幸せな感じがします.以下の10個の習慣を紹介して、以下の10個の習慣を紹介します:「スマイルはすべての人がすべてやっている幸せな天賦心の中で愉快に、容貌が煥発、容貌が変化、気持ちはきっとよくなる、そうで、光の四射的妙齢少女の顔もまわりの人に幸福をもたらします!2 .当たり前のことに感謝する平凡な無奇の日だとしても

平凡な無奇の日だとしても……天気は晴れて、散歩に出かけて、幸福;雨が降って、部屋の静かな読書に巢ことができて、幸せです.かけが常怀感謝の人、幸せ自然簡単やすい.私は忙しいどころか忙しい

忙しいという字は書きで「心亡は、常に私がとても忙しいと言う人は目の前には山積みの仕事と仕事をされて、心も詰めて、ひとまず手元の仕事を下に置いて、たとえ時間が長くないがしても、身の回りの人と話して耳を傾ける.自分はピンクの眼鏡をかけていたが、想像しています.私は楽観的に物事を見ることです!眼鏡を贮めて、特にピンク色の眼鏡は物事を見るのがあまりに透徹して、目の中の世界が逆にこれが美しいバラに変化し、生命の中の欠陥を美しい.朗らかであると健康と活力があります.

会話のポイントは何やどうではなく、誠実に自分の意見や考え方を分かち合って、そして相手の喜怒哀楽をしますので、お互いの時間を殘すため,身の回りの友達の気持ちを分かち合うだろうと!家に帰っても顔をしないで、和気で怒りに取って

人がいったん家に帰って、快適な感じを自在に、人は心のわがままが、外ではどんなにか疲れて家に帰ってもしてみてください、制御、勝手に怒るので、家族の間が互いに尊重し、今日からは聞く温かい心での家族,家の中がこもったなら愛も、必ず外に広がって.心配の種を拾っても、心配は,慢性喉頭炎、心配にはならない.

生命には未知数がとてもだと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です