妊婦の慢性喉頭炎飲食の禁忌はどれらがあります

は妊娠の時に、いくつかの女性も現れ流産の現象で、しかし彼女たちは知らないこの流産の原因は何を経て、医者の診断をやっと知っていて、自分で食べるべきでない食べ物、しかしこの時が何を言ってももう遅い、じゃあ、妊娠中の妊婦はどれらがあります食べ物は食べられないのですか?

慢性喉頭炎

慢性喉頭炎

1、生豆乳:生大豆には有毒成分が含まれ、食用にならない豆乳は未、食品中毒.

に、タピオカ:タピオカの根や莖や葉毒物質が含まれ、もし食用生や生煮えのタピオカ飲むやそのスープ、中毒の原因は、その毒素によって神経の麻痺を起こす疾患、さらに永久性麻痺.

さん、発芽ジャガイモ:じゃがいも発芽部位の毒素を龙葵素より肉質部分高い数十倍から数百倍、一度食べて、軽度の意識障害、呼吸困難、重症者、心不全、呼吸中枢麻痺緻死.

よんしよ、生豆:インゲン豆、インゲン、赤インゲン豆、白インゲン豆など豆、生鮮や加熱徹底しない情況の下で中毒を起こす.

p>慢性喉頭炎
媚薬 オススメ <ご、腐った生姜:腐って後の生姜生じる一種の毒性の強い黄樟素.人はこの毒素を食べる、量が少なく、肝細胞に中毒と変性.

ろく、鮮エゾキスゲ:エゾキスゲに含まれるコルヒチン、その毒素を引き起こすのどがからからになったので、胃の焼灼感、血尿などの中毒症状.食べる前には黄花料理を煮て炊け、煮た後に熱湯を入れてやけど、更に調理して食べる.

ななしち、靑トマト:靑トマトに含まれる毒物質龙葵素、食用こんな未熟な靑いトマト、口腔ほろ苦い感が出て、食べた後に吐き気、嘔吐などの中毒症状を訴え、危険性を生で食べるより大きな.

p8、生筍:新鮮なたけのこは天然の毒素を含んだサポニンを含んで、生のあるいは煮の透の竹の子を食べて、食品中毒を引き起こす可能性があります.

を見た以上の8種類の食品は、私たちの日常の中でごくありふれた食べ物が、妊婦の食べ物は触れられないので、これらの食品に出会った、私たちの妊婦が食べないのは絶対食べないように、自分と胎児に悪影響.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です