慢性喉頭炎「ダック」

の午後、私はパソコンの前に座って、息子は外から喜び勇んで走って、私の身の回りににお父さん、私が座るダック,シリアス錠 ジェネリック!デパートや商店が息子管外外、定番の児童の車に揺れて、ダック.お金をくれました!お金は一元にしなければならない.」そう言ってから、手でズボンのポケットに触って.

私は立っている、コンピュータデスクには,わざと彼を避ける、お金がない,お父さんはお金がないからどうしよう.彼の幼い語気を学んでいる.彼は呆然と私を見て、顔の不満で、涙は小さいクマに回って、ほほほ!」笑って声には我慢できない.

あと数枚のコインを取り出して、いくつかの硬貨が揺れて.彼は飛びかかって来た、1匹の手を私の足で、1匹の手をあげて、そして頭に貼って私の膝の上にパンパンは私を見て.あげる!」私は1枚の硬貨を入れて彼の小さな手の上で.私たちに乗って伊東.私は言う.

今、彼は目の中の涙も見なくなった、纏足になってから、纏足として飛んで走っていた.

p――子供の快楽と喜びとは、このような迅速な,慢性喉頭炎、彼らの純粋さ、大人の世界も快楽のはずだ.

☟汉方精力剂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です