立夏後に体質の慢性喉頭炎人の群れがどのように養生する

立夏の後に違う体質の人の群れはどのように養生しますか?漢方医は夏の空気と気力が通じる、汗は心液と考え、立夏養生は早寝早起き、養陽、万物成長の勢いに応じて.そのためには、汗をかいて、汗を汗をかくということは、汗に汗、楽しいという気持ちを保つためには、怒らないでください.

違う体に対しては異なる養生方式をとるべきだ.

p>よう<口が出現の乾燥しているただ飲み込んで、心に煩わして、手足の心の熱い、ははアウトドアを減らして、飲食はさっぱりしていて、ゴマ、もち米を食べることができて、蜂蜜、牛乳、魚類など、ネギ、ショウガ、ニンニク、ニラ、山椒など辛味の品は少なく.

Pは淡白白、老いている人は多く食に精をして作用する食べ物、羊肉、牛肉、マトン.立夏に、天地陽が旺時、多くの日に当たって、太陽に当たって.

愛発汗は气虚の原因を食べる必要があるうるち米、もち米、アワなどの穀物や、山芋、ジャガイモ、大きいナツメを補う.

よくがくらくらして目、おびえて眠れないで、手足のしびれ、これは貧血の表現が、食べるレイシ、松の実、クロキクラゲ、ホウレンソウ、ニンジン、豚肉、羊肉、牛肉と羊肉の肝など補血、血の食べ物.

私は夏の暑い日は、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、,慢性喉頭炎、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、,、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、,.

p>顔色<
媚薬 錠剤;暗い、暗い、鹿唇色易出血、舌の紫暗や淤点は避けるべき立夏後湿気に襲われて、多く食べて桃仁、小松菜など、血行をよくすること作用の食品.

肥満、眠気の方は、多く運動をして、毎回ご飯食べすぎない.

p>顔色<蒼暗いや萎黄、情緒乱高下する人、立夏後多くいくつか食べて行ける気の食品、例えばダイダイの実、柑皮、蕎麦、ニラ、フェンネル、にんにくなど.

また、立夏時節は子供発達最速の時から、日常生活の飲食する非常に注意して児童の生長の発育に必要な栄養、カルシウム、ビタミンと栄養補足タイムリーに、特に注意して児童及び靑少年の服装や体育鍛錬.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です