遠くまで歩いては慢性喉頭炎いけない

ちょっと遠く、さわやかな夜を楽しんで、自分ができないことを恨んでいます.久しぶりの満天の星、数は数えてもずっと答えがない.街の街燈がないなら、今夜、勇気があるかどうかはわからない.酔いしれると言っても、酒がついていない、麻痺,
精力剤,と言っても、薬を使ったことがない、道は何か私によろけてくれています.

人は本当にとても自由で、人が本当に自分のすべてが自分のものに属することができないことを渇望しています.如来掌はあなたの活動のエリアを司っている、というのがあります.

でも、春の風はとても大きくて,しかしそんなに染みることはできません.リュックサックを外してから、ふろしきを靑春とともに、激情リターン、活力を再現.たとえあなたは行きたくなくて、少なくとも原地に回転してはいけない.

Pは、遠く,慢性喉頭炎、夜が深い、西松の数軒には光、夜は美しく、朝陽もそれが独自に独り善がりことはできない.路地の街燈はすでに寝て、また待つのもむだだ.家に帰るのはあなたの正しい选択で、今はただあなたのために明かりをつけるだけです.

行きますから、道はまだ長いです、日はそれがどんなに遠くありますか.

に行きますから、希望はますます遠くなります……