都会人の慢性喉頭炎夕食の3大禁忌

夕食は早く食べて、食べても食べても、医学の専門家から推薦する保健の良策.研究によると,夕食は早く食べて尿路の結石症の発病率を下げることができます.人の列のカルシウムのピークはよく食事の後よんしよ—ご時間、夕食が遅すぎなら、列のカルシウムのピークが来て、ベッドに入る人は、尿が滯留尿管,膀胱、尿道などで尿路の中で、直ちに体外を排除できないため、尿中にカルシウムが増え、瀋積しやすくて小さい下形成晶体月日の経つうちに、次第に拡大して形成結石.だから、夕方6時ごろには夕食が似合う.$ { FDPageBreak } 2禁夕食が生臭物:夕食を予防夕食きっと偏素は、炭水化物の富んで食べ物を主として、蛋白質、脂肪種類食べるのが少ないほどいい.しかし、現実生活において、多くの家庭でディナーの準備時間は余裕、食べて豊富に食べ、健康に不利になっているということです.科学研究報告によると、夕食を食べる時に大量の肉、卵、牛乳などの高たんぱく食品、尿中のカルシウムの量が増えて、一方では体内のカルシウムを貯蔵して,慢性喉頭炎、誘発児童佝僂病や靑少年の近視やの中で、その年の骨粗しょう症;一方、尿中にカルシウムの濃度が高い、尿に患道結石症の可能性が高まる.また、たんぱく質を摂取することが多く、人体は吸収されて腸に滯在、アンモニア、硫化水素などの毒質、刺激腸壁誘発癌.脂肪にたくさん食べることが多すぎます.研究資料によると、夕食よく生臭物食人は精進料理を食べる者のコレステロールに—さん倍高い.炭水化物は人体内にもっと多くのセロトニンを生成して、鎮静鎮静作用を発揮して、不眠症者に対してとりわけ有益です.$ { FDPageBreak }三禁夕食を食べすぎ:夕食の適量グッスリ眠ると朝食、中華料理に比べて、夕食を食べなければならなくて夜の他にない活動や、食事する時間が遅れて、もし夕食を食べ過ぎて、コレステロールを引き起こすことができることを高く上がって、肝臓を刺激製造多くの低密度と極密度低脂肪蛋白、誘発動脈硬化長期夕食、満腹感を、繰り返しインスリン分泌に刺激を大量に、しばしばインスリンβ細胞を早めに衰弱して、それによって埋め糖尿病の禍根.また、夕食は満腹感を胃が膨れて、週囲の器官に圧迫、胃や腸、肝、膵などの臓器は食後の?仕事が脳に情報を伝達しよう、脳を活性化し、拡散大脳皮質に他の部位、誘発眠れない.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です